色素沈着させないために。まつ毛美容液を使う時に注意して欲しいこと | まつげを生やす専門店|マツコのまつ育サロン

お客様に目元のお悩みをたずねると、上位に上がってくるのが

・シワ
・たるみ
・クマ

の3つです。
加齢が原因でこれらのお悩みを抱える人が多いですが、適切なケアを続けていれば、十分防ぐことはできます。

現在は「予防美容」という言葉もあるように、問題が起こってから対処するのではなく、問題が起こる前に予防しようという動きが高まっています。
トラブルを未然に防ぐことで、ダメージを最小限に抑え、深刻なダメージが起きる前に対処することで、素早く回復に導くので、現在は「予防美容」が主流になりつつあります。

特に目元は皮膚が薄くダメージを受けやすいパーツ。

普段のお手入れも刺激になることは避け、優しく丁寧にケアをするのが基本です。
シワ、たるみ、クマに共通する原因が、摩擦などによる刺激。
目元の皮膚は薄いのでゴシゴシこすると、これらのトラブルを引き起こします。

強い刺激は絶対にNG!
必要以上に目元を触らないように心がけましょう。

また、目元の皮膚は水分・油分が少ないので、保湿もしっかり行いましょう。
保湿をこまめにするだけで、シワやたるみを防ぐことができます。

クマには、血行不良によるものと、色素沈着によるものの二種類があります。
血行不良による青グマなどはマッサージなどを行い、血流を良くすることで改善されます。
色素沈着による茶グマは、アイメイクの色素が残っていたり、過剰な刺激によって引き起こると言われてますので、お化粧を落とす際はこすらないように丁寧に落とすようにしてくださいね。

これからまつ育(マツイク)を始めてみようと思っている方からよくいただくのが、「まつ毛美容液を使ってみたいんだけど、目の周りが色素沈着してしまわないか心配です…。」というお悩みの声。

デリケートな目元のことだから、気になりますよね。

今日はみなさんが気になっている「まつ毛美容液と色素沈着の関係」についてお話します。
ぜひ、参考になさってみてくださいね。

1.ポイント①まつ毛美容液を使う量と頻度

まつ毛美容液って本当に色々なものがありますよね。
ドラッグストアに行けば1000円台のものも売っているし、10000円するような高額なものまで、価格帯もさまざまです。

でもすべてのまつ毛美容液に共通していえることは、「必要以上にたっぷり塗らないでください」ということです。

まつ毛美容液が効果を発揮するのには、あらかじめ適量が決まっています。
必要以上にたっぷりと塗ってしまうことで、より高い効果を求めたつもりが、色素沈着を招く可能性のある美容液もありますので、適量がもし「ちょっと少ない?」と感じても、その量をきっちりと守るようにしてください。

ついついたっぷり塗ってしまいたい気持ちが起こるのもわかりますが、逆効果になってしまう場合もあるということを覚えておいてくださいね。

塗る頻度も1日1回で大丈夫です!使う量と回数はしっかり守るようにしましょう。

2.ポイント②特に気をつけたい成分

市販されているものとは別に、日本では医師の処方箋が必要な「まつげ育毛剤」として、病院で処方されるまつ毛美容液に、「ビマトプロスト」という成分が含まれるものがあります。

「ビマトプロスト」は、もともと緑内障の患者さんを対象に処方される、眼圧を下げる作用を持つ成分。
副作用としての「まつ毛を伸ばす」作用が注目され、まつげ育毛剤に使用されるようになりました。

しかし、この「ビマトプロスト」、やっかいなことにメラニンの生成を活発にする効果もあり、「目の周りにつくことで色素沈着する」ということをお医者さんも明確におっしゃっています。
もし使用する際には、注意していただきたいと思います。

3.もし色素沈着してしまったら?おすすめの対処法

「色素沈着してしまった…!」という時には、ただちにまつ毛美容液の使用をストップしていただき、すぐにお医者さんに相談に行ってください。

目の周りの皮膚は、他の部分の皮膚の4分の1と言われる薄さなので、自己判断でのピーリングやゴマージュなどを行うようなことは絶対にしないよう、気を付けてくださいね。
逆に色素沈着を進行させてしまう原因となる可能性があります。

ではそうすればいいかというと、基本的なことではあるのですが、食事に気を遣う、夜更かしせずに睡眠をしっかりととる、といった生活習慣を心がけましょう。
さらに、目の周りをよく保湿してあげましょう。
ターンオーバーを早めてあげることで、一度色素が沈着してしまった皮膚も、徐々に改善されていきますよ。

4.おわりに

まつ毛美容液は用法を守り適量使うことが何よりも大切です。
また色素沈着が気になる方は、色素沈着の起こりにくい成分の入ったまつげ美容液を選ぶようにしましょう。

もし色素沈着してしまったら、まずはお医者様へ相談したうえで、生活リズムを整え、しっかり保湿してターンオーバーを早めてあげること。

これらをしっかり意識していただくことで、安心してまつ育ケアができますよ♪
最後までお読みくださり、ありがとうございました^^

CATEGORY

KEYWORD

facebookでも
随時配信しています