まつ毛エクステ(マツエク)をしている時にビューラーを使ってNG? | まつげを生やす専門店|マツコのまつ育サロン

お客様から「まつ毛エクステをつけている時は、ビューラーをしてもいいの?」というご質問をいただきます。

マツエクをつけ始めた当初は、綺麗に保てていたマツエクのカールも、
太陽の光を浴びたり、水が付着したり、目を擦ったりなど普段の生活をすることで、
カールが徐々に緩くなってくることがございます。

また、時間の経過と共に、生えぐせの方向に自まつ毛が生える事で、
エクステと自まつ毛にばらつきができることもございます。

「どうしても気になるのでビューラーを使って復活させたい!」
「せっかくつけたまつ毛エクステをもっともっと長い期間楽しみたい!」
という皆様のお気持ち、とてもよくわかります!

今回の記事では「まつ毛エクステとビューラーは併用できるのか?」というテーマでお話していきます。
ぜひぜひ、参考になさってみてくださいね♪

1. 結論から言うとまつ毛エクステ(マツエク)中のビューラーはNG

一般的にまつ毛エクステは、
自まつ毛に専用の接着剤(グルー)を使ってつけていきます。

もし、知らずに自まつ毛とまつ毛エクステの接着部分にビューラーをかけてしまうと、
まつ毛エクステが途中で折れ曲がってしまったり、
自まつ毛が痛んでしまったり、途中で切れてしまう原因になったりします。

ですので、まつ毛エクステをつけている時は、基本的にはビューラーを使わないのが好ましいです。

2.まつ毛エクステ(マツエク)中にどうしてもビューラーしたい・・・!そんな時はどうすればいい?

デートなどの大事な予定やイベントなどが控えていたりすると、
どうしても「まつ毛を今以上に印象的にパッチリ見せたい…!」ということも、ありますよね。

そんなときには、以下の3つの注意点を守って、ビューラーを使ってください。

・通常のビューラーではなく、ホットビューラーを使用する
・ホットビューラーを使用した後はまつ毛美容液を毛先に塗る
・根本に優しくあてるだけにする(絶対に挟まない)
・回数は、月に数回だけに留める

通常のビューラーではなくホットビューラーを優しく自まつ毛にあてることで、
まつ毛エクステが折れたり、抜けたりするリスクを軽減させることができます。

ホットビューラーにもいろいろ形状がありますが、
まつ毛エクステ中にホットビューラーを使われる場合は、
まつ毛を挟むカーラータイプではなく、コーム状になったスティックタイプを選ぶようにしてください。

先ほどもお伝えした通り、自まつ毛とエクステの接着部分に力を強く加えると、
まつ毛エクステが折れてしまったり、自まつ毛が抜けたりしてしまいます。
カーラータイプは絶対にNGなので避けてください!

まつ毛エクステ中のビューラーは、可能な限りスティックタイプを選んでくださいね。

また、接着剤(グルー)は熱に弱い性質がありますので、
低温タイプのホットビューラーがオススメです。

ホットビューラーを当てるタイミングもまつ毛が乾いた状態で行ってください。
洗顔後すぐお化粧をする方がいらっしゃいますが、
濡れたまつ毛にホットビューラーを当てるとダメージを与えてしまいます。

必ずまつ毛を乾燥してからホットビューラーを使用してください。

このホットビューラーは、あくまで最終手段ですから、
「どうしても!」
というときだけに取っておいてくださいね。

ずっと頼ってしまっては、結局まつ毛エクステに負担がかかり続け、
まつ毛エクステが折れてしまったり、自まつ毛が抜けてしまう原因にもなります。

ホットビューラーよりも、もっと根本的な対策もご紹介しますね。

まずサロンとして行える対策として、
「次回にまつ毛エクステを施すときに、カールの強さを上げてみる」ことです。
これまで一番ナチュラルなJカールを選んでいた人は、1つ強めのCカールにしてみると良いかもしれません。

また、マツコのまつ育サロンでは、「アップワードラッシュ」という施術も行なっています。
アップワードラッシュとは、専用の保湿剤を使い、保湿しながらカールをつけ、
くるっと上がったまつ毛にまつ毛エクステをつける技術です。

一般的な薬剤よりも弱い薬剤を利用しますので、まつ毛も痛みにくく、カールも長持ちする傾向があります。
特にまつ毛エクステのカールの持ちが気になる方は、施術の前に、アイリストへお気軽にご相談くださいね。

そして、お家できるビューラーに頼らずにまつ毛エクステのカールを長持ちさせる対策として、
「入浴後や洗顔後にドライヤーの冷風でまつ毛を下から乾かしてあげる」ことです。

ビューラーに頼らなくとも、まつ毛エクステのカールをできる限り長持ちさせることができますよ。
まつ毛への負担も少ないのでオススメな方法です。

ホットビューラーに比べるとカールの復活力は劣りますが、
毎日ケアを続けることで、カールそのものを長持ちさせることができます。

3. おわりに

まつ毛エクステを付けると、いつものアイメイクをしなくても目元がパッチリしますが、
「もっともっと!」という欲も出てきてしまい、ビューラーを使いたくなってしまいますよね。

また次回のサロン予約まで日数があると、
カールの持ちが気になる・・・という時もあるかと思います。

結婚式やパーティー、記念日のデートなど、ここぞという時の大切なイベントの時は、
この記事でご紹介させていただいた方法を試してみてくださいね。

まつ毛も大切にしながら、同時にご自身のライフイベント、まつ毛エクステも楽しみましょう♪
最後までお読みいただきありがとうございました。

CATEGORY

KEYWORD

facebookでも
随時配信しています