ミスキャンパス関西学院ファイナリスト 片山莉紗子様 まつ育サロン体験インタビュー | まつげを生やす専門店|マツコのまつ育サロン

まつ育でまつ毛を生やしたい!伸ばしたい!という方に人気の「マツコのまつ育」の3ヶ月コース。

このコースで実際にまつ育にチャレンジした方々にその感想などをインタビュー!

今回は、ミスキャンパス関西学院のファイナリスト、片山莉紗子様にお話を伺っていきます。

Q.これまでのまつエク歴について教えてください

片山様:高校卒業と同時にまつエクを始めました。

それから1〜2年くらい続けていたんですけど、今はお休みしています。

 

ー どうしてお休みしたんですか?

 

片山様:なんとなく、まつ毛が細くなったような気がして……。あとまつ毛の量が減って、

全体的にしょんぼりした感じのまつ毛になっちゃったので、まつエクはお休みしようって思いました。

 

ー そうなんですね……。まつエクでまつ毛が傷んだり少なくなったというお話はよく聞きます。

まつエクは自まつ毛にグルー(接着剤)で人工毛を付けるので、まつ毛に負担がかかる可能性はゼロではないんです。

ただ高い技術を持ったアイリストが、まつエクを付けてもいい毛かどうかを判断し、

高品質のグルーを使って施術をすれば、自まつ毛への負担は少なくなります。

また、まつエクをした後のセルフケアも大事なので、

まつエクを付けた後についてもアドバイスがもらえるサロンだと安心してまつエクができますね。

Q.これまで挑戦したまつ育について教えてください

片山様:ドラッグストアで売っているまつ毛美容液を2つくらい使ってみたことはあるんですけど、

あんまり効果はないんじゃないかなぁ……って思いました。

どちらも1000円から1500円くらいでしたね。

あと、ワセリンを塗るとまつ毛が増えるっていう噂を聞いた時も試しました。

 

ー ワセリンですか?!

 

片山様:はい(笑)。でも、目に入ると目が曇るのがいやで、すぐやめちゃいました。

 

ー まつ毛フサフサは女子の憧れですもんね。いろんな方法が流行ります。

ワセリンでまつ毛が伸びるというのは医学的な根拠はないんですが、

まつ毛を乾燥や紫外線など外部からの刺激から守ってくれたり、

目元が保湿されてまつ毛が生えやすい環境になる……という可能性が考えられるんです。

片山様がおっしゃっていたように、目に入ってしまうと充血したりかゆみが出たりすることもあるので注意が必要です!

Q.マツコのまつ育はどうでしたか?

片山様:自宅でのケアは、半分くらいはやってたんですけど忘れている日も多くて……

 

ー 2日に1回使う、とか使ったり使わなかったり……っていう感じですかね。

 

片山様:はい。それでも3ヶ月続けていたら、親に「まつ毛が長い!」って言われるようになったので、

最近やっとまつ育って効果があるんだな、って気づきました。

 

ー 毎日毎日続けなくても、周りから見てまつ毛が伸びたと思えるほどの変化があったのは素晴らしい!

毎日じゃなくても、完全にやめてしまうことなく継続していただいたことがその変化に繋がったんだと思います。

Q.まつ育でメイクの変化はありましたか?

片山様:今まではまつ毛に黒い下地とマスカラを付けていたんですけど、

最近は下地だけでもバサバサっとしたまつ毛になるようになりました。

 

ー それはすごいですね!

 

片山様:そうなんです。今までは重ねないとボリュームが足りない感じがしてたんですけど、

今は下地だけでいいかな〜っていう日もあるんです。

 

ー まつ毛のカールはどうですか?

 

片山様:朝メイクをしてから夜までカールが続いている気がします。

写真でまつ毛の変化を見てみましょう

ー こちらが最初の1枚。若干、まつ毛の間に隙間があるような感じがしますね。

そしてまつ育を続けていただいてしばらく経った10月のまつ毛の状態がこちらです。

 

片山様:わぁ!真ん中のあたりの長さが長くなってるし、1本1本が太くなってる気がします。

 

ー あと目尻もまつ毛が増えていますね。

 

片山様:本当だ!

 

ー 1週間のうち半分塗り忘れていてもこの変化があったってすごいですよね!

 

片山様:もっとちゃんと塗っておけばもっと伸びてたかも〜

 

ー そうなんですよ〜。

こうやって写真で比べるとわかりますが、毎日のことだと変化がわかりづらいし、

ついつい忘れてしまうのも仕方ないですよね。

今後のまつ毛ケアについて

まつ毛が伸びたのがとっても嬉しいです!

せっかく伸びたので、まつ毛パーマをやりたいんです。

あと、それと並行して美容液も頑張りたいと思います!

 

ー まつ育でまつ毛が伸びたり生えたりすることを実感された片山様。

これからもぜひ一緒にまつ育を頑張っていきましょうね!

KEYWORD

facebookでも
随時配信しています

RECOMMEND 関連記事