まつ毛美容液、毎日塗るのが面倒くさい!毎日頑張れるようにするためには?|イメージ

まつ毛美容液、毎日塗るのが面倒くさい!毎日頑張れるようにするためには? | まつげを生やす専門店|マツコのまつ育サロン

■まつ毛美容液を使うときに必ず守って欲しいこと

長くて艶やかなまつ毛は女性の憧れ。
最近のメイクのトレンドは、バッチリメイクからナチュラルメイクに移行してきているので
「自まつ毛をより長くフサフサにしたい」とマツエクよりもまつ育を選ぶ女性も増えてきました。

まつ毛美容液は「塗るだけ」というシンプルなケアのアイテムですが
大切なのは「毎日継続すること」です。

美は一日にしてならず!

肌と同じで一定の期間ケアを続けることで効果を得られます。

頭で理屈はわかっていても、ついつい塗り忘れちゃうことも多いまつ毛美容液。
塗り忘れを防止するための予防方法をお伝えします!

■まつ毛美容液を塗り忘れてしまう理由

まずは、どうして塗り忘れてしまうのか?その理由を考えてみましょう。
多くの方は、忙しかったり、疲れていたりで「つい、うっかり忘れてしまう」ということが大半だと思います。

しかし、どんなに疲れて忙しくても「歯磨き」をし忘れて寝てしまうという人は少ないでしょう。
それは、多くの人にとって「歯を磨く」ということは習慣づいた行動だからです。

つまり、「つい、うっかり」をなくし、「塗る習慣」をつける工夫をすればいいんです。

ほんの少しの工夫で「毎日継続する」ことを目指しましょう。

■まつ毛美容液の塗り忘れを防ぐための方法

まつ毛美容液はメイクを落とし、洗顔をしたすっぴんの状態で塗るのがベスト。
朝晩2回塗ることを推奨するものもあれば、夜1回のみのお手入れで良いというもの、
商品によって使う回数やお手入れの方法は違うので必ず使用方法を確認しましょう。

それでは、塗り忘れを防ぐための方法を一つずつ解説していきます。

・洗面台の見えるところに置く
→戸棚の奥やメイクポーチの中にしまいこんでしまうと、見えない分忘れてしまいがち。
 見える場所に置くことで自然と塗り忘れを防ぎます。
 置き場所も毎日使う化粧水の隣など、必ず視界に入る場所に置くようにしましょう。

・寝室の枕元に置く
→小さなお子さんがいれば、「お風呂上がりにゆっくりケアできない!」という方もいるでしょう。
 洗面所やお風呂場でのケアが難しい方は寝室に置くのもアリです。
 寝る前の方がゆっくり時間が取れるという方は寝る前にケアする習慣を取り入れましょう。

・鏡の横に置く
→家の中のよく使う鏡の横に置いて気づいた時にケアするのも方法の一つです。
 女性なら一日に何度か鏡を見る習慣があるかと思いますが、
 日常生活の流れで自然と取り入れられる方法を選ぶと良いでしょう。

・アラームをセットする
→会社勤めの方など、ある程度日々の時間の使い方や、ルーティンが決まっている方は
 「時間で管理」するのもオススメです。
 帰宅するのが19時、20時ごろにはお風呂に入って、21時以降は自由時間。
 など、時間の使い方にパターンが決まっているなら、21:30にアラームをセットして
 「アラームが鳴れば、塗る」というのを習慣にするのも良いかもしれません。

・手帳やカレンダー、日記に記録する
→まつ毛美容液を塗った日はカレンダーに丸印をつける、シールを貼るなど
 目に見える形で記録するという方法です。
 日々の結果が一目瞭然なので、モチベーションを上げやすいのがメリットです。
 せっかく継続しているから途中でやめたくない!と「このまま続けよう」という意識も自然と芽生えます。

・歯ブラシの隣に置く
→前章でもお伝えしたように「歯磨き」はほとんどの方が習慣になっているので忘れてしまうことはありません。
 歯磨きをする時に同時にまつ毛美容液を塗るなど、日々の自分の習慣と組み合わせることで
 塗り忘れを防止することができます。
 
■まつ育は頑張ることよりも習慣化が大事

まつ毛美容液を塗ること自体は難しいことではありません。
毎日継続して続けることが多くの人にとっては難しい課題となっています。

気合いを入れて「頑張るぞ〜!」と意気込むより、日々の習慣にして負担を減らす方が
精神的にも楽で長く楽しく続けられるのではないでしょうか。

習慣を味方につけて、綺麗なまつ毛を目指しましょう。

■まつ毛美容液を塗り忘れた時の注意点

塗り忘れないように工夫もしたのに、それでも忘れてしまった!という日もあるかもしれません。
「習慣化が大事」とお伝えしましたが、一日塗り忘れたからといって効果が半減するわけではありません。

これまでの努力はちゃんと積み重なって、効果が目に見える日が必ず来ます!

一喜一憂せず、気を取り直して、明日からまた取り組みましょう。

前日塗り忘れたからといって、翌日はいつもより多めに塗るというのはやめましょう。

まつ毛美容液は適量を守ってこそ効果を発揮します。
多く塗ったからといって、効果が倍増するわけではありません。

塗りすぎると目の中に入ってしまったり、毛穴が拡張して色素沈着を起こしたように
見えてしまうので絶対にNGです。

■まつ毛美容液を塗り忘れないようにする方法まとめ

目に見える場所かつすぐに手の届く場所にまつ毛美容液を置いておき、
塗ることを「習慣化」する工夫が大事です。

美容液を取り出すまでのアクションが多いと、ついつい忘れてしまいます。
ワンステップで取り出せるよう、まずは置き場所を決めましょう。

同じまつ毛美容液を二つ用意し、洗面台と枕元の二ヶ所に置くという方法もあります。
万が一、洗面台で塗り忘れても枕元に置いておけば手間も省けて安心です。

自分の生活パターンや日々の行動を考慮して、取り入れやすい方法を試してみましょう。

習慣化できれば「面倒くさい」という気持ちが起こることもなく
無理せず続けることができます。

そして、塗り忘れてしまった日は、気落ちせずに気持ちを切り替えて
翌日からまた取り組むようにしましょう。

CATEGORY

KEYWORD

まつ毛美容液、毎日塗るのが面倒くさい!毎日頑張れるようにするためには?|イメージ

facebookでも
随時配信しています